読書感想文のために~本の読み方と文章の書き方を学ぶ~

ブログ村ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

教育、教養

りんこに勉強させてたら、りんこの指示であっちは読書感想文書かされてました・・・。あっちの字がきれいになっていて、びっくり。でも、句点が左に打ってあったり、「どうのいす」になっていて、カワイイ!(親バカ)

読書感想文を書くにあたって、『東大読書』『読み上手 書き上手』を読みました・・・母親の私がね。りんこは、読書感想文にそんな熱意ないので。

どちらも、深く読むことの重要性を説明しています。どんな本でも、浅~く読んで、『なるほどね~』程度の感想しか持たない私には、勉強になりました。

深読みしないと、印象に残らないから、内容が残らない。それ、わたし。あんまり忘れるので、覚えておきたいところは、メモするようになりました。

『東大読書』では、能動的に読書することを勧めています。著者は、偏差値35から東大へ進み、書評サークル代表を務める人物。2浪していて、その期間に能動的読書などを身につけたそう。

能動的な読書は、とことん本と議論する読み方だそうです。このような読み方をすることで、本を読み込む力が鍛えられ、地頭力が鍛えられる

地頭って、もともとの能力で変わらないものだと思っていたけど、そうではないみたいです。廣津留すみれさんの著書でも、地頭は鍛えられるように書いてありました。

能動的読書以外には、読み始める前の準備が重要なようです。準備に何をするかというと、タイトル、本のカバー、帯をきっちり読んでおく。これらから、本の内容を予想することができ、読解力が上がる。

また、付箋をつけながら読むことを勧めていました。疑問の提示と、その回答部分に対応するように付箋をつける。めんどくさくて、できそうにない。。

『読み上手 書き上手』は、ブンブンどりむの齋藤孝先生の著書。

『読み上手 書き上手』では、3色ボールペンで線を引きながら読むことや、キーワードを書き出し、キーワードに注目して読み進める事を推奨していました。キーワードの見つけ方は、本の帯やカバーに注目!ここにはキーワードが書かれているから。

こちらでも、漫然と読まずに、取材する姿勢で読むようにとのこと。

また、エントリーシーを書くのに、とても役立つ内容がありました。りんこが就職するであろう、約10年後まで覚えておけるかな??

読んで、とてもよかった2冊でした。が、ナマケモノの私にどこまで実践できるかは不明。

それから、ビジネス書にはこの読み方が役立ちそうだけど、小学生の読書感想文でも使えるのか?物語でもいけるのか?って疑問が。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました