算数の成績がアップするゲーム『シンクシンク』

ブログ村ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

子育てお役立ち?情報

我が家で『ゲーム』と言えばこれ、知育アプリ『シンクシンク』図形やパズルの様々な種類のゲームがあって、続けて解いているとゲームの種類が増えていきます。

ムスメたちは、新しいゲームができるようになっていないか、いつも気にしています。うまい仕組みですね。

ゲームが終わるごとに、24時間での同い年ランキングこどもランキング(大人はおとなランキング)、全体ランキングが表示されます。これも楽しくて、励みになるようです。

りんこが全部 1位を出した時は記念写真を撮りました!すごくないですか?(親バカ)

24時間でそのゲームをやった人数は不明なので、何人中の1位かは謎・・・数人だったりして。ちなみに、私は全部1位になったことは・・・1回もありません。。

りんこは、同い年ランキング 3位をしょっちゅう出していたのですが、それがある時から急に2位に浮上しました。「あれ?一人やめちゃったのかな?」って私が茶化したら、「そうかもね。きっとそうだよ!」と素直なりんこ。

最終的に、1位か2位だった子は、誕生日が来て同い年じゃなくなったんじゃない?また何か月か後に会うかもね、って結論に至りました。

シンクシンクは、最初は私がやっていたけど、いつの間にか夫がやり始めて、今は 夫、りんこ、あっちの3人がやっています。

なぜなら、3人コースにしているから。無料コースでは1人しかできなくて、スタンダードコースは3人まで月300円プレミアムコースは6人まで月980円なんです。できるゲームの種類も少し違うみたです。

でもね、我が家は節約ですから。プレミアムコースとスタンダードコースの差は、680円×12ヶ月で年間8160円ですから。ちりつもですから。

ちょっと公式サイトをのぞいたら、シンクシンクをたった3ヶ月やるだけで、算数の成績もIQにも上昇効果があったってうたってる・・・ホント?

おかしいなぁ。もう年単位でやってたけど、りんこの算数の偏差値30台だったけどなぁ。シンクシンクやってなかったら、もっと低かったってことか?怖い怖い。

シンクシンクの成績アップの実証実験は『学力の経済学』の中室牧子先生がされています。そういわれると信じる、権威に弱い私。。

でも、シンクシンクの効果か?と思った出来事がありました!

あっちが方眼ノートのマス目に沿って、蓋のない5面の立方体の展開図を描いて切り取り、それをいらない紙に書き写して、を作っていました。

リカちゃん人形の洋服を入れる箱を作ったらしく、横に紙でフックがつけてある。もうちょっとかわいい紙で作ったらよかったのにね。。

展開図を描いたことに驚いたけど、そういえばシンクシンクの問題に、箱を作る問題がありました。

もともと、花まる学習会『なぞぺ~』の本にシンクシンクと同じ問題が載ってました。その後、新しい本になったようです。

シンクシンクを制作した会社のワンダーボックス↓

ワンダーボックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました