小学生におすすめの本③ 渋沢栄一

ブログ村ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

マネー教育

大河ドラマ「青天を衝け」、夫が熱心にみています。

渋沢栄一・・・正直、知りませんでした。無知な私。

最近りんこが、お金をたくさん持つのは幸せじゃない、みたいなことを言っていました。どこかで聞いてきたのか??

その一方、少し前には、将来どんな人と結婚するか聞くと「かっこよくて、お金持ち!」と即答していました。いいねー。私もそんな人がよかった。

お金のこと、お金との付き合い方、なんて教えたらいいのか難しいです。大人の私だけど、お金に無頓着に過ごしてきて、只今ようやく勉強中なので。

りんこが、渋沢栄一の『論語と算盤』の子供向けの2冊を読みました。りんこは、下の方が好きだったそうです。私も両方読んだけど、どちらも小学生向けで分かりやすかったです。

私が、金儲けに何となく嫌な感じを持つのは、倫理や道徳を欠いた金儲けをイメージするからかもしれません。自分だけが儲ける、自分の利益しか考えない、それはよくないですよね。でも、なぜ何がよくないのか、上手く説明できませんでした。

渋沢栄一は、自分だけが利益を得る商売ではなく、社会へ貢献する、他人も幸せにする商売を説いていて、そうか!と納得しました。少年時代にそれがわかっていた渋沢栄一、さすがお札に選ばれる人ですね。

自分の幸せしか考えない人にならないよう、渋沢栄一の道徳観がりんこの心にも届いているといいな。そして、金儲けは悪ではないこと、人の役に立つ商売は素晴らしいことも覚えておいてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました