低学年女子の反抗期?

ブログ村ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

子育てお役立ち?情報

りんこが2年生の頃、生意気でしんどかったです。

ものすごい笑顔で友達にバイバイした直後に、私の迎えの車に乗った途端ムスッと不機嫌。空気が読めない私が、気づかずに話しかけると、不機嫌全開。あっちは、空気を読んで、後部座席で気配を消していました。

りんこと2人でお出かけした時、何日も前から「ママ、2人で行くの楽しみだね♡」って言っていたくせに、車に2人になった途端に読書開始。ひと段落したら寝る一言もしゃべらない、とかね。

中2か!って思ってました。でも、かわいい りんこがこのまま反抗期に突入したらどうしよう・・・って寂しくもあり。

そんな時に出会った本↓

反抗は、子供が1人の大人として認められたいと思うから起こるようです。子供には何を言ってもいい、子供は判断できないから親が決める、このような接し方では反抗期はひどくなる。

えーと、私のこと見てたのかな?

「7時までに食べてよ」「一番にお風呂入って」「早くピアノやりなさい」って、指示出しまくり。 

そして、口ごたえされると、すごいイライラ。

口ごたえはここから先は自分の領域だから、お母さんは入らないでという境界らしいです。反抗的な態度を取っても、お母さんのごはんを食べて、身の回りの世話もしてもらう。子供にとって、反抗期でも今まで通り大好きなお母さんのまま。ただ、大人になるために親との関わりを、修正しようとしているだけ。

なので、母親が反抗期の娘に否定されたと悲しみ憤るのは、愚かなこと。反抗期が終わったら、また女の子は母親のところに戻って来るので、反抗期も悠然としていれば良いらしいです。

できるかな? 

りんこの反抗は、2年生の一時期で落ち着きました。もちろん、時には生意気な口をきくけど。

りんこは今朝も準備が遅くて、ずっとダラダラしているので、「顔洗って!髪結んで!」と繰り返すと、「もう、ママの言う通りにするのは、やめたの」としれっとしてました。 

私のストレス解消は、読書とネットショッピング。

コメント

タイトルとURLをコピーしました