中学受験の国語に読書は役立つのか?

ブログ村ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

中学受験

りんこは読書が大好き。あっちも本が好き。私も大学までは図書館に、定期的に通っていました。

ムスメができて、また図書館に通うようになり、最初は子供の本だけを借りていたけど、だんだん自分用の本もまた読むようになりました。

最近は椅子があってくつろげる本屋さんも多く、わたしたちには最高の場所です。たくさんの本の中には、人生で迷った時に答を教えてくれたり心の支えになるものがあると思っています。

ところで、中学受験の国語に読書は果たして役立つのか?我が家は本好きだから、ぜひ役立ってほしいな。

読書は人生を豊かにしてくれるものだけど、読書に時間を割きすぎると受験勉強に差し障ることすらある、読書が止まらず宿題をなかなかしないりんこを見ると、そう思います。

子供たちが読む本の主人公は同年代で感情移入しやすいけど、入試の国語では例えばおじいさんの心情を考えたりしないといけないので、読みやすい子供向けの本をたくさん読んでも受験国語には役に立たないそうです(出典忘れました)。 そうなのか・・・。

確かに純文学とか自分で選んで読まないだろうし、私が与えても読まないよね。でも、わたしは国語の過去問の長文を読むのが好きでした。りんこが嫌がらなければ、出題された本を読んでみるのもいいですね。

わたしは、教育本や話題になっている本を読みます。味わって読みたい本は丁寧にじっくり読むけど、子育てや受験の情報を得るための本は短時間で読みたいです。

この本で、速読術とまではいかないけど、早く読めるコツを学びました。本は上半分を意識して下半分は割と読み飛ばし、2回目にザザッとポイントを見返します。忘れたくないところはメモします。

あっちはおばけのアッチシリーズ、りんこは探偵チーム KZ事件ノートシリーズにハマっています。探偵シリーズの著者、藤本ひとみ・・・え?もう懐かしくって二度見しちゃった。遠い昔、私も読んでいました。たくさんの本を出されて、長年ご活躍なんですね。親子で読むなんて、とっても嬉しかったです。

あっちは朝、ごはんを食べた後にチョコパンが食べたくて、服をめくってお腹を凹ませて「まだおなかぺっこぺこ」 と空腹をアピールしていました。そんなことされたら、チョコパンいっぱいあげちゃうよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました