ピアノ上達への長〜い道のり

ブログ村ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

習い事

りんこは年少からピアノを習っています。ぬる〜く、ゆるゆると。

ピアノを始めたのは、脳科学者の澤口俊之先生が、ピアノが脳にいいので習い事はピアノだけでいい、と発言していたから。

私も練習嫌いだったので、りんこがピアノを始める時には心構えを学ぼうと『ピアノを教えるってこと、習うってこと』という本も読みました。

もう、わたしったらマジメ。

つい、親は早く両手で弾いて、早く上手になってって思うけど、ピアノを弾くまでに時間をかけてじっくり進めることの大切さがわかる内容でした。

幼稚園の頃は、りんこの考えたごっこ遊びを取り入れて、ピアノの練習をしていました・・・いや、練習させてました。

例えば、発表会風に「3番 鈴木きらりさん、曲名は○○です。」とアナウンスすると、りんこがドレスを着てしずしずと登場して一回弾いて退場するというやり方。

この方法だと10回練習させるためには、私が10個名前を考えなきゃいけなくて、拍手喝采しなきゃいけなくて、まあまあ苦行でした。

プリキュアの名前とか芸能人の名前で何とか乗り切っていました。あと、待機、登場、退場の時間が、ピアノを弾く時間より断然長かった。

あれから数年、今もコツコツ練習するのが苦手なりんこです。「何か今日・・・ピアノする気がない」と言ってから自分でも気付いたようで「ま、いつもだけど」って言っていました。

またある時は、ピアノの前で目をこすっていました。アレルギーがあるので、調子悪いのか気になって声をかけると「ピアノアレルギーかも。だから、今日はもう弾けないよ」と言っていました。

ノリはよいので、私が「やっるぞー」と声をかけると、初回は元気よくこぶしを振り上げて「おー!」とこたえて弾きに行きました。

でも数回で何か違うと気付いたのか、「おー!」の代わりに不満そうな「え~」になっていました。

そんな今日も「あー、ピアノ嫌いだな~・・・はっ、心の声がもれてしまった!」と言っておりました。

ピアノ上達の道は長い!いや、そろそろ潮時かも・・・と思う今日この頃。

コメント

タイトルとURLをコピーしました