こどもも私もキレまくり!~感情コントロールへの一歩~

ブログ村ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

子育てお役立ち?情報

アンガーマネジメント・・・って何だったかしら??芸能事務所かしら?ってくらい、アンガーマネジメントとは無縁、自由自在にキレまくりの私とムスメ。

よく腹が立ったら怒るのを6秒待てっていうけどさ、6秒待ってる間に『そういえば、あの時もあんなことが・・(怒)』と、怒る内容がかえって増大。わたしは6秒後にブチ切れしちゃいました。

『嫌われる勇気』には、”怒りは出し入れ可能な道具”と表現されていました。確かに同じことが人目がある外で起きたら冷静に対処するのに、家ではキレてしまう。”母親は怒りを抑え切れずに怒鳴るのではなく、娘を大声で威圧するために怒りの感情を使っている”ですって。おっしゃる通りすぎる。

『「自己肯定感」を高める子育て』を、少し前に読んで、最近改めて読み直しました。で、キレてはいけないと学びました。やっぱりかー。子供の人生に絶対必要な4つの資質は、①キレない力、②立ち直る力、③自分の心を見る力、④共感する力・・・私、どれも不十分なまま大人になっちゃってますが。

こどのもかんしゃくにどう対応したらいいのか、長らく悩みの種でした。あっちの産後はりんこの心が荒れて、私は心身ともにボロボロ。子供への接し方を学ぶ、ペアレントトレーニングに通ったこともあります。トレーニング中は課せられた課題をこなし、気を付けて子供に対応して、意識するんだけどね、またそのうち元の自分に戻って行きました。ムスメのかんしゃくや無理難題に、イライラしたり、キレたり、正論で責め立てたり、落ち着くまで離れてと冷たく距離を置いたり。

かんしゃくを起こす子供には、それを怒ったり恥ずかしいと思わせる対応はNGで、自分の気持ちを落ち着かせるスキルを身につける手助けが必要だそう。子供がキレたときの親のベストな対応は、愛情深くなだめて穏やかな気持ちに戻す手伝いをすることみたいです。つられてキレてちゃダメですね。

あっちと、怒りの感情について話し合いました。あっちは「普段はもちもち、ふわふわの気持ちなのに、怒られたりするとカチカチ、イライラになる。もちもち、ふわふわに戻りたくても、すぐにはごめんね言えないよねー。まわりの人にも、イライラを散らしちゃう。ちょっと黙ってじっとしていたら、あ、わたしも悪かったなーって思って、ごめんねってなる」と言っていました。

あっちに怒ったときに、理由説明タイムは膝に乗せて抱っこで話しています。体が触れ合うと、私の怒り狂った心が落ち着きます。あっちもそう思っていたようで「ママが抱いてくれると、ふわっふわ、もっちもちの心になる」と言っていました。

あっちとは、初めて怒りについて話したけど、よく自分の感情がわかっているようでした。最近のりんこは、あっちとの喧嘩以外でキレることはほぼありません。でも、私の注意を全然聞かない。なので、早くしなさい!!とか、つい私が大きな声を出します。私がりんこを叱っていると、あっちが「ママ、眠かったからじゃない?」「やっぱりお腹が空いてると、怒りやすいんだよ」とか、こそっと指摘してくれるようになりました・・・ちょっと恥ずかしい。

「ママ、イライラ虫がうつっちゃってるよ」
わたしとあっちはしばしば衝突します。「ママが意地悪するから」とか言われて、挑発に乗ってしまう大人げないワタクシ。プンプンしてたら、りんこから「ママ、イライラ虫がうつっちゃってるよ」とご指摘が。ホントそのとおり。りんこは機嫌がよけ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました