【中学受験】国語の模試を見直して、気付いたこと

ブログ村ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

中学受験

模試の見直し、国語の見直しは時間がかかるのであまり好きじゃないんだけど・・・頑張りました!はい、私が。

前回の模試、りんこは国語は手ごたえがあったようでした。確かに、4教科の中では一番マシでした。私の目標成績には遠く及ばないけど。

長文の物語文は、内容も設問もわかりやすかったよう。説明文は私が読んでもなにこれ?な難解な文章に感じたけど、りんこは健闘していました。

手ごたえがあったからか、前々回の国語の模試の見直しのテンションとは大違い。なんだか自信に満ち溢れてました。

見直しでは、りんこがノリノリで長文読解の問題文を音読しました。長くなるのが嫌で、問題文や選択肢は私が読もうとすると、りんこが横取りして読みました。

そして、「こちらは、〇〇についての話でしたね。まずここは、始め・中・終わりに分けて考えます」とか、塾講師ばりの解説を始める始末。「こちらの選択肢、主人公は○○・・・とは言ってませんね。なので、違います」と、選択肢も1個1個潰して行くので・・・長かった!選択肢をひとつずつ潰して行く方法、私が教えたんだけどさ、一発で選べるやつは、もうよくない?

国語の模試全体を見直してわかったのは、りんこは語句が苦手ってこと。ほとんどあってない。。

本もよく読むし、普通に生活してたら耳に入る言葉で、普通知ってるでしょ?って思う言葉を知らない。びっくりさせないで頂戴(怒)!

そして、もれなくことわざの意味も分かってない。。

語句の本で学ぶべきかな?

国語は、これまで偏差値40台、よくて50。このたびはりんこ史上最高によくできた!・・・なのに、偏差値60の壁は越えられない。分厚い壁です。

語句を落とさず点数稼ぐのが順当な気がするけど、長文だっていつも理解できるとは限らない。これまでは、なかなか読み切れていませんでした。えー、それ何で選んじゃった?って選択肢をポロポロ選んでましたので。

『<中学入試>国語の読解は「答え探しの技」で勝つ!』で、私が国語対策を学ぶことにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました